5.衣類収納の悩み一覧

簡単に実践できる衣類収納のポイント

衣類収納の際に抱えがちな様々な悩みを解決するためのポイントについてご紹介します。

洋服がかさばって溢れる…

もしかしたらたたみ方に問題があるのかもしれません。できるだけコンパクトに衣類を収納するためのポイントともいえるのが、同じ大きさにたたむということ。

それぞれのたたみ方が違うと全体的にかさばってしまい、うまく収納できない状態になります。一つ一つの衣類をたたむ際には四角くたたんで収納しましょう。自分が使っている収納ボックスやタンスの形をよく考え、隙間なく詰められるくらいのサイズでたためると理想的です。

小さな子供に自分でたたませる場合、コンパクトに三角形に畳んでとお願いしてもなかなか難しいかもしれません。そういったケースではくるくる丸めてコンパクトに畳むよう教えてあげてみてくださいね。

整理しているけれど散らかって見える…

100円ショップなどでも購入できるボックスの中に衣類を整理する方も増えています。しかし、きちんと整理してるはずなのになぜか散らかって見える…という問題を抱えている方も多いようです。

その理由はボックスの種類が統一されていないことにある可能性が高いでしょう。衣類を整理するためのボックスを購入する際には同じ種類・色のものを選択すると統一感があって整頓されて見えます。サイズの違うものを購入する際にもボックスのシリーズを合わせるとキレイなので試してみてくださいね。

小物類がごちゃごちゃする…

靴下や下着など細かいものがごちゃごちゃになってしまうこともありますよね。これを改善するのに役立つのが100円ショップでも購入できる仕切り板です。3枚で100円、というようにお得なな価格で販売されているのでチェックしてみてくださいね。

仕切り板を使えば自分の好みのサイズに調整できるので、小物類もスッキリ納められます。

どこの引き出しに必要なものが入っているのかわからない…

引出しにしまうのが苦手な方は吊り下げるタイプの収納を選択するのがおすすめです。「吊り下げ収納」や「吊り下げラック」といった名前でボックスが販売されているのでぜひ用意してみてくださいね。

冬になるとセーター類がかさばりやすく、タンスに入れると場所を取ってしまうことがあります。ですが、吊り下げ収納に入れておけばコンパクトにスッキリ収納できるので試してみましょう。夏場はたくさんTシャツを入れることもできますし、非常に便利です。

また、頻繁に使うものほど吊り下げ収納に入れておくとどこにしまったかわかりやすく取り出しやすくなります。

定期的に断捨離するのがおすすめ

服を購入するのが趣味の場合、いくらキレイに収納しようと思っても溢れてしまうことが多いです。こういった事態を避けるためにも着ない服は定期的に断捨離するなどの対策を取ってみましょう。

ただ、「いつか着るかも…」と思ってなかなか捨てられずにいる服がある方もいますよね。このようなケースでは捨てるのは難しいかもしれないので、クリーニング保管サービスを利用するのも一つの方法です。

おすすめの宅配クリーニング屋さんの
格安保管サービスBEST5はこちら >>

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808