HOME » ダメージにバイバイ!衣替え前に読みたい衣類の保管方法 » 虫食い・カビから大切な洋服を守るには?

虫食い・カビから大切な洋服を守るには?

自分でできる!大切な洋服にニオイをつけさせない保管方法

害虫・カビというと、単に防虫剤や防カビグッズで対策すれば良いと思っていませんか?

自宅で保管する際にはもっと気を付けなければならないポイントがあるのです。

防虫・防カビ対策のポイント

「一年中」がカギ!収納場所・クローゼットをこまめに換気

衣類害虫やカビは高温多湿が大好き!特に密閉性が高い場所は害虫やカビにとって居心地が良く、害虫は好物のウールやカシミヤを食べてしまいます。

そのため収納場所やクローゼットは空気の通り道ができるように、季節に関係なく天気が良い日にこまめな換気を心掛けましょう。

なぜこまめな換気が必要なのかと言うと、どんな洋服でも一見乾いているように見えても常に水分を含んでいるからです。

水分を含んだ洋服が所狭しと収納場所・クローゼットにしまわれていると、湿気が溜まり害虫が居やすい場所になってしまいます。

乾燥しやすい季節であってもこまめな換気が必要なのは、ここに理由があるからなのです。

除湿剤と防虫剤でW対策

そうはいっても、換気をこまめにするというのはなかなか大変なことですよね。そんな人は除湿剤・防虫剤のW使用で対策をしましょう。

除湿剤を使用するポイントは、場所によって使い分けることと湿気が溜まりやすい角に置くこと。

収納ケースに洋服を畳んでしまう場合にはシートタイプの除湿剤を、クローゼットのように吊り下げて収納する場合には吊り下げタイプとタンクタイプを使用しましょう。

シートタイプの除湿剤を使用する場合は、一番上の洋服に置くことで収納ケース内の空気がこもりにくくなり、除湿効果も高められます。

吊り下げタイプ・タンクタイプを使用する場合は、洋服同士の間に吸湿面をふさがないように吊り下げること、タンクタイプは湿気が溜まりやすい4隅に置きましょう。

害虫とサヨナラ!取り込み・家に入る時は必ず洋服をはらう

衣類害虫は、実は外から入ってくることが多いのです。たとえば外干しの洗濯物にくっついたり、お出かけの時に洋服にくっついたり…。

くっつくのは成虫・幼虫・卵とさまざま。特に食べこぼしや皮脂汚れが落としきれていない洋服にくっついていると、虫食い被害が大きくなってしまいます。

それを防ぐためにも、外干しした洗濯物の取り込みや外出が終わって家に入る時には、必ず洋服を払い落としてしまいましょう。

もっと簡単な方法とは?

これまでにあげたポイントをすべて実践するのは難しい、面倒くさい…と考えてしまいますよね。

実はこの難しさ・面倒くささを解消してくれるサービスがあるのです!

それは「クリーニング保管サービス」。保管も行っているクリーニング店にお願いすることで、クリーニングもプロによる長期間の保管も一気にお願いできるのです。

クリーニング屋の保管ならば室温・湿度の管理が徹底されており、嫌な害虫・カビを心配することなく頼めます。

多くのクリーニング店では、一度に5点、多いところで20点をクリーニング・保管をお願いできます。「10点パック」の場合、保管期間はだいたい6~9カ月、料金相場は約1万円ほど。

特に宅配クリーニング店ならクリーニング屋に直接足を運ぶことなく、郵送で依頼・受け取りが可能。時間がない人でも大切な洋服の管理がしやすくなる、おすすめなサービスなのです。

価格と
保管期間で
比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
値段
(10点パック)
7,780
保管期間
9ヶ月

イオン

イオン公式_フッター
値段
(10点パック)
8,980
保管期間
9ヶ月

カジタク

カジタク公式_フッター
値段
(10点パック)
9,000
保管期間
9ヶ月