4.衣類収納のコツ・裏ワザをご紹介

収納スペースがたくさんある場合は良いのですが、限られたスペースの中で収納しなければならない場合、どうしても足りなくなってしまうこともありますよね。そういった場合に役立つコツや裏技についてご紹介します。

すのこ

DIYにはまっている人の中でも注目されているアイテムがすのこです。100円ショップでも購入できるので、手近なアイテムだともいえるのではないでしょうか。

実はすのこは小さな空きスペースの収納アイテムとしても活用できるのです。箱状にすのこを組み合わせてボックスにする使い方が定番ではありますが、それを二段組合わせてみたり、移動させやすいようにキャスターをつけるのもおすすめ。

特にキッチンの小さな空きスペースに活用している方が多いようですが、衣類の収納にも役立てられます。すのこを白く塗ったり飾り付ければ見た目的にもおしゃれになるので、収納スペースを増やしたいと思っているけれどタンスを買うのはちょっと…と思っている方も役立ててみましょう。

突っ張り棒で収納を増やす

突っ張り棒といえば、目隠しのためのカーテンレールやちょっとしたものをかけるために活用されることが多いアイテムです。ですが、突っ張り棒を使うだけでも衣類の収納スペースを増やすのにも役立ちます。

例えば、クローゼットや押入れの中に空いているスペースがないかチェックしてみましょう。突っ張り一本だけでも吊り下げラックを取り入れることができますし、突っ張り棒を少し離して二本並べ、その上に収納棚を置くことも可能です。

S字フックをかけてプラスチックチェーンを吊るし、更にそのチェーンにいくつかS字フックをかければ縦の収納スペースも増やせるでしょう。

クローゼットは上下を活用

クローゼットが備え付けてあるご自宅の場合、ハンガーに服をかけただけでは下に大きなスペースができますよね。これは非常にもったいないです。ぜひ収納に役立ててみましょう。

クローゼットの種類によっては上段にも大きな空きスペースができる場合もあります。上段は頻繁に取り出すのが難しいため、季節はずれのものをしまったり、軽い服や小物類を収納するのに役立ててみてくださいね。

反対に下段には重いものを収納するのがおすすめです。下段を上手に活用するためのコツともいえるのが、最適なサイズの収納ボックスを用意するということ。サイズには少しこだわって探してみるのがおすすめです。白い収納ボックスにすると見た目もスッキリします。

また、縦のスペースが小さく済む子供服収納の場合、突っ張り棒を増やして収納を二段にすると収納スペースがかなり増えるのでぜひ活用してみてくださいね。

クローゼットであえてたたむ収納にする

クローゼットに入れてハンガーにかけるだけでは何となくごちゃごちゃしてしまう…ということであればあえてクローゼットの中に棚を設置し、たたむ収納を取り入れるのもおすすめです。

見た目的にキチッとした印象にもなるので、見せる収納を楽しみたいと思っている方もチェックしてみてくださいね。

クローゼットの扉の内側も活用

クローゼットの収納を考える際に中身のことばかり考えてしまいがちですが、扉の内側にタオルハンガーを付け、そこにS字フックをかけるだけで収納スペースが増やせます。タオルハンガーはものによって耐荷重が違うので、できるだけ重いものがかけられるものを選択するのがコツです。

おすすめの宅配クリーニング屋さんの
格安保管サービスBEST5はこちら >>

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808