大切な洋服が傷まない収納方法

洋服を収納する環境について

ここでは、衣類を収納するのにふさわしい環境と正しい収納方法など、衣類をダメージから避ける収納のポイントを紹介しています。

衣類を保管するには、湿気が少ないところが必要です。

着物の保管は桐(きり)のタンスが一番と言われますが、それは桐(きり)が湿気を吸い取るからです。

タンスを置く場所が無いと心配する前に、現代の住宅は気密性がよくなっているので家全体に湿度がこもりやすいのです。除湿剤をたくさん置くなどの工夫が必要です。

定期的な虫干しも衣類を状態よく長期保管するために有効です。年に1度は虫干しをしましょう。マンションなどでしたら、室内に服をつるして風を通すだけでも十分虫干しになりますのでその際にシミや虫食いをチェックしましょう。虫干しが終わったら防虫剤を新しくし、また丁寧に衣類をしまいます。さらに、保管場所も風を通して除湿してください。

衣類をしまうときのポイント

一度来た服は洗濯するのが基本ですが、ジャケットなどはしまう前に必ず一日干しましょう。しっかりと乾燥させないとカビの原因になります。

また、除菌効果、消臭効果のあるスプレーを使うのも効果的です。

ただし、スプレー後の水分もしっかりと乾かしてからしまいましょう。

それから、クローゼットの中にしまう洋服の量には余裕を持たせ、湿気などがこもらないようにします。

毎日の生活の中で心掛けることは整理整頓された収納をすることです。

服の数が多い人が特に注意したいポイントは「数をしっかりと把握する」ことです。重ねたりせずハンガーにかけてつるすなど、しわにならないよう、また風通しのいいようにし、忘れてしまいこんでしまうものが無いように服の数などもきちんと把握しましょう。

防虫剤は使い方に注意して正しく使いましょう。効果がなかったり思わぬシミを作ってしまうこともあります。また定期的に新しいものと入れ替るのがおすすめです。

変色を防ぐために、ボタンや金糸・銀糸などの金属は、包んでおきましょう。また日光が当たると色が褪せてしまいます。さらに湿気でもほかの衣類から色写りしたりすることがあります。

衣類は保管する前に、必ずクリーニングに出しましょう!一見綺麗に見えても、一度でも着たら、洋服には汗や見えない汚れが付いています。そのまましまえば、必ずシミになってしまいます。

自分で管理するのが難しい場合は

そんな時間はない、手間がかけられないという場合はクリーニング保管サービスを利用したほうが手間もかからず効果も確実なのではないでしょうか。

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808