6.衣替えのタイミング

衣替えはどのタイミングに行うのが最も理想的?という疑問にお答えします。

衣替えのタイミングについて

衣替えのタイミングといえば季節の変わり目ですが、「もう夏が近いから夏物に衣替えしたのに、肌寒い日が続くようになってしまった…」といった失敗をしたことはないでしょうか。

大掛かりな衣替えをした後に寒い日や暑い日が続いたりするとせっかくしまったものをまた掘り起こさなければならないこともありますよね。

では、具体的にどれくらいのタイミングに衣替えするのが正しいのでしょうか。

衣替えに失敗しないタイミング

大きな失敗といえば、先述したように衣替えが終わった後に季節外れの天気が続いてしまうということ。これを避けるためには最高気温を一つの目安にするとわかりやすいです。

季節によって最高気温は大きく違いますよね。天気予報をチェックし、最高気温がどれくらいになるのか確認してみましょう。

まず、半袖と長袖の切り替えタイミングについてですが、一般的に最高気温が20度~22度くらいの間が半袖と長袖の中間くらいの気温だといわれています。そのため、これを下回る日が続くようであれば長袖の活躍する時期だといえるでしょう。

春から夏にかけての衣替えでは、最高気温が20度を下回る日がなくなったら長袖よりも半袖が活躍するようになります。

次に、最高気温が15度~20度程度であれば日によって羽織るものがあれば寒さをしのげますが、15度近くになる日が多いとセーターが恋しくなるでしょう。

最高気温が15度以上にならない場合は冬物の季節です。

中間で着られる服を用意しておこう

衣替えのタイミングについてご紹介しましたが、完璧に切り替えてしまうのはおすすめできません。「最高気温が20度を超える日が続くから長袖はすべてしまおう!」と考えると寒い日があった時に対応できなくなってしまいますよね。

季節が変われば気温も変わりますが、日によって気温差は大きいので寒くなったときのために羽織れる上着や長袖も1~2枚用意しておくと安心です。

これは冬の場合も同じことがいえますね。

収納場所を工夫する

今の季節に合わせた服をメインで出しておくとしても、取り出しやすい位置に調整用の服を収納しておきましょう。着ないからといって段ボールに入れてクローゼットの奥深くにしまうとなかなか取り出せません。

とりあえず調整用の服をすぐ取り出せる位置に収納しておき、調整用の服もほとんど着ない時期になったらそのタイミングで本格的な衣替えをするのもおすすめです。

頭に入れておきたいのが、暑い時は脱いで調整できるものの、上着がなければ寒い時は不便だということ。どちらかというと少し厚着になるくらいの衣服を準備しておき、あとは上着を脱いだり着たりして調整すると失敗が少なくて済むでしょう。

収納する際には各シーズンごとに活躍する服をまとめておくとそれらをローテーションするだけで済むので便利です。衣替えをする際は断捨離のチャンスでもあるので、服が増えすぎて困っている場合は衣替えしながら不要なものを処分するのも良いですね。

おすすめの宅配クリーニング屋さんの
格安保管サービスBEST5はこちら >>

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808