HOME » ダメージにバイバイ!衣替え前に読みたい衣類の保管方法

ダメージにバイバイ!衣替え前に読みたい衣類の保管方法

衣替えなどで大切な衣類を長期保管する際に気を付けたい問題点と収納する際のコツをまとめています。

種類別にチェック!洋服のお手入れ方法

「臭くなる」「シミができる」「変色してしまう」「虫食いになる」など、衣類の長期保管で起きてしまう問題点を紹介します。衣類についた目に見えない汚れやカビは、保管中についてしまうにおいの原因となります。一度ついてしまうと他の衣類にもにおいが移ってしまうので注意が必要です。また、シミについても同様で、汗やカビが原因となることが多いため収納する衣類を清潔に保つことが大切です。日が当たる場所に保管していたり、湿気の多いクローゼットに衣類を詰め込んでしまうと変色や色移りなどの原因となってしまいます。虫食いに関しても、ウールやシルクのような天然繊維の衣類には虫がつきやすいため、保管する際には防虫剤を入れて収納するなど対策が必要です。

大切な洋服が傷まない収納方法

衣類を自宅で長期保管する際に気を付けたいのは収納スペースの環境です。衣類やクローゼットに湿気がこもらないよう、詰め込みすぎず余裕を持たせて収納しましょう。傷みの原因となる汚れや汗を落とすため、収納する前には必ず洗濯をして十分に乾かすことがポイントになります。収納後に全く着用しなかった衣類でも年に一度は虫干しを行い、定期的に乾燥させることが大切です。

虫食い・カビから大切な洋服を守るには?

クローゼットに収納した衣類にはカビや虫食い対策も必要です。衣類は水分を含みやすく、クローゼットは密閉性が高い湿気のたまりやすい環境なのでこまめに換気を行いましょう。除湿剤を使用する場合もクローゼットの奥や隅など、湿気のたまりやすい場所を意識して置くことが大切です。虫食い対策としては、虫食いの原因である害虫は外から入ってくることが多いので、帰宅した際や外干しの洗濯物を取り込んだ際には十分にホコリを払い落としてから収納しましょう。

衣類収納のコツ・裏ワザをご紹介

衣類の収納をする際に特に大きな問題になりがちなのが収納スペースが足りないということ。そこで、収納に関するコツや裏技についてご紹介しましょう。もうしまうところがなくなってしまったから捨てるしかないか…と諦めていた方も見逃しているスペースを有効的に活用すればまだまだ収納スペースが増やせるはずです。

衣類収納の悩み一覧

衣類を収納する際にはタンスや衣装ボックスの中に入れるのが一般的ですよね。ですが、きちんと収納しているにもかかわらず散らかって見えたり、うまく収納できない悩みを抱えている方が多いようです。こういった場合でも少し収納方法を変えるだけで一気にスペースにゆとりが生まれることもあるでしょう。ほかにもキレイに衣類を収納するためにはどのようなポイントがあるのかについてご紹介します。整理整頓が苦手でどうしても部屋の中が散らかってしまう…と悩んでる方も参考にしてみてくださいね。

衣替えのタイミング

暑くなってきたと思ったから衣替えをしたものの、その翌日から急に寒くなった…。またはその逆で寒くなってきたから薄い服をしまったものの、やっぱりまだ暑い…。そういった失敗をしたことがある方は多いはず。そこで、少し難しい衣替えのタイミングについてご紹介します。

 

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808