Q.ドライクリーニングはどのような方法?

クリーニングをする際によく聞くドライクリーニングとはどのような方法なのかについて紹介します。

ドライクリーニングとは?

一般的に自宅で洗濯をする際には水洗いをしますよね。洗剤を溶かした水で衣類などを洗うことによって汚れを落とします。

これに対し、ドライクリーニングとは水を使わない方法のことをいうのです。

水を使わないでどうやって汚れを落とすのか?というと、これは「有機溶剤」と呼ばれるものを使います。有機溶剤とは何かというと、石油や灯油のようなものだと考えればわかりやすいでしょう。

クリーニング用に作られた溶剤を使って洗うのがドライクリーニングと呼ばれる方法です。家庭ではできず、専門的な業者にお願いしなければなりません。

市販されているドライ衣料用の洗剤を使ったからといってドライクリーニングはできないので注意しておきたいですね。ドライ衣料用の洗剤はあくまで型崩れや縮みをできるだけ防ぐ方法であり、ドライクリーニングができる洗剤ではないのです。

ドライクリーニングができるものについては選択表示でドライマークが表示されているので確認してみましょう。

ドライクリーニングのメリット

水を使ってざぶざぶ洗う様子を想像すればわかりますが、衣類に与える負担は大きいです。ドライクリーニングは水を使わないため、できるだけ衣類への刺激を抑え、状態が悪化するのを防げます。

例えば、水につけると縮んでしまうような衣類を洗濯する際にもドライクリーニングが向いているでしょう。他にも製品自体が繊細なカシミヤセーターやシルク製品、ウールを使った衣類をクリーニングする際にはドライクリーニングのほうが向いています。

油汚れに強いクリーニング方法となっているので、油汚れを付けてしまったときもドライクリーニングを選択してみましょう。衣類に付着する汚れはいろいろありますが、実は油汚れも多いのです。人間の皮脂は油分が含まれていますし、大気の汚れにも油汚れが含まれているので、気づかないうちに衣類にはたくさんの油汚れが付着しています。

型崩れしにくいのもドライクリーニングの大きな魅力です。アイロンをかけられるものであればよいのですが、一度型崩れしてしまうとアイロンで整えるのが難しい場合もドライクリーニングを検討してみるのもおすすめ。

もともと、ドライクリーニングは水洗いをすると縮んだり型崩れが発生する衣類を洗うための方法として生まれました。

ドライクリーニングのデメリット

ドライクリーニングとは反対に、水溶性のシミを落とすのなら水洗いの方が向いています。例えば、ジュースやお酒をこぼしてシミになってしまった…ということであればドライクリーニングよりも水洗いの方がよいでしょう。

水洗いとドライクリーニングのどちらを選べばよい?

ドライクリーニングとはどのようなものなのかについて紹介しました。

特徴はわかったけれど、クリーニング屋さんにお願いをする際には水洗いとドライクリーニングのどちらでお願いをすればよい?と疑問に思った方もいるでしょう。しかし、クリーニング屋では衣類の洗濯表示を確認しながら水洗いとドライクリーニングのどちらが最適なのかをしっかり判断してくれるので心配する必要はありません。

水洗いをしたら縮んだり型崩れするようなものは、何もいわなくともドライクリーニングで洗ってくれるでしょう。

洗い方について不安なことなどがあれば直接相談してみてくださいね。

おすすめの宅配クリーニング屋さんの
格安保管サービスBEST5はこちら >>

各プラン価格で
徹底比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
~5点
6,242
~10点
8,402
~15点
10,562
~30点
19,202

イオン

イオン公式_フッター
~5点
6,480
~10点
9,698
~15点
12,960
~30点
25,920

カジタク

カジタク公式_フッター
~5点
7,560
~10点
10,584
~15点
15,876
~30点
29,808