HOME » クリーニング保管サービスとは?Q&A » 【要チェック】クリーニングに出す前のポイント

【要チェック】クリーニングに出す前のポイント

クリーニングに出したのに汚れが残ったまま返ってきた、なんて経験ありませんか?よりクリーニングを効果的に活用するために、注意すべき点をまとめてみました。

クリーニングに出す前の、事前チェックを行なおう!

クリーニングに出したからと言って、服の汚れが全て落ちる訳ではありません。クリーニングの方法はいくつかあり、汚れの種類や素材によって洗い方が異なります。

そのため、適切にクリーニングしてもらうには、洋服の状態をきちんと伝えることが大切。装飾パーツやボタンの有無など、双方の認識ズレを防ぐこともできます。

気持ちよくサービスを利用するためにも、事前に次のことをチェックしておきましょう。

ポケットの中身は全て取り出しているか?

ポケットの中に何かが入ったままクリーニングへ出した場合、サービスの過程で中身がなくなってしまう可能性があります。

紛失したものを補償してくれるサービスは、ほとんど行なわれていません。自己責任になりますので、必ず確認しておきましょう。

破れている所や糸がほつれている所はないか?

脇や股下などの摩擦が多いところや、スカート・ズボンの裾や縫い目など、損傷個所がないか確認してください。

糸のほつれや、擦り切れがある状態でクリーニングに出すと、穴が広がってしまう可能性があります。事前に修繕してから、クリーニングに出すようにしましょう。

店舗によってはクリーニング時にほつれを直してくれるところもあるので、一緒に頼んでしまう方法もあります。

シミ・汚れ・傷はないか?

衣服全体、外側だけでなく内側も確認しましょう。シミや汚れを発見したら、クリーニング店へ「何の汚れか」「いつ付いたものか」を、分かる範囲で具体的に伝えてください。

シミの種類によって洗剤を使い分けるクリーニング店もあるので、症状がわかるとより最適なクリーニングを行なえます。また、誤った洗剤を用いることでシミが余計にひどくなってしまう、というリスクの軽減にも。

壊れているものや取れかかっているものはないか?

特殊なベルトや取れかかっているボタンなどは、事前に自分でしっかり取り付けておくか、外しておきましょう。クリーニングの過程で外れてしまうと、紛失してしまう可能性が高いです。

また、ボタンが取れていたり、ファスナーが壊れていたりしていないかなども確認を。返却後のトラブルが防げます。

付属品は取り外されているか?

衣類の付属品のアクセサリーや特殊な素材を用いたものは、なるべく取り外すようしたほうが良いでしょう。クリーニングの過程で受ける熱や摩擦の影響で、破損してしまう危険性があります。

ただ、何度かクリーニングを行なっていると色合いや素材感に差が出てしまうこともあるので、状況をみて判断してください。

価格と
保管期間で
比較!

格安のおすすめ宅配クリーニング屋さん

せんたく便

せんたく便公式_フッター
値段
(10点パック)
7,780
保管期間
9ヶ月

イオン

イオン公式_フッター
値段
(10点パック)
8,980
保管期間
9ヶ月

カジタク

カジタク公式_フッター
値段
(10点パック)
9,000
保管期間
9ヶ月