格安でお得な宅配クリーニング
保管サービス
を選ぶには?
~宅配クリーニング保管サービス徹底比較!~

現在、クリーニング保管サービスを行う業者は多々あるのですが、
どこにお願いするのがお得なのかを見極めるためにはコツがあります。
比較する際に気を付けて欲しいポイントは、下の3点!

料金の
安さ

仕上がりの
品質

無料
サービスの
有無

この3つのポイントだけは最低限確認するようおすすめします。

保管期間の長さや無料サービスがあるかどうかは会社によって異なります。特に、無料サービスの有無は結構トータル金額に響くので要確認です。
クリーニング保管サービスを上手に利用すれば、いつでも気持ちよく洋服を着られるようになりますよ。
少しでも安く・おトクに頼みたい人は要チェック!

宅配クリーニング 保管

おすすめ宅配
クリーニング
保管サービス
に評判の5社
ピックアップ

保管期間 9ケ月 9ケ月 9ケ月 6ケ月 9ケ月
値段(税込)
~点以内までは
同じ値段
~5点まで 6,242円 6,480 7,560 7,560 不明
~10点まで 8,402円 9,698 10,584 10,584 10,800
~15点まで 10,562円 12,960 12,960 15,876
(10点パック+5点追加)
15,660
~20点まで 13,802円
(15点パック+5点追加)
18,360
(15点パック+5点追加)
21,168
(10点パック*2)
19,224 19,980
~30点まで 19,202円 25,920
(15点パック*2)
25,920
(15点パック*2)
29,808
(20点パック+10点パック)
30,780
(20点パック+10点パック)
1点追加
当たり値段
648円 1,080 不明 1,052 不明
送料 無料
北海道・沖縄・離島は
別途1,080円(税込)
無料
沖縄・離島は注文不可
無料
離島は注文不可
無料
北海道・沖縄・離島は
別途3,240円(税込)
無料
沖縄・離島は注文不可
シミ抜き 無料 無料 無料 無料 無料
仕上げ直し 無料 不明 不明 無料 不明

保管が頼める!
宅配クリーニング屋さんの口コミ評判まとめ

保管サービスも提供している、おすすめの宅配クリーニング屋15社の特徴、口コミ評判をピックアップしました。格安の料金プランやお得なサービス情報を掲載していますので、是非確認してください。

保管も頼める宅配クリーニング屋15社のリストはこちら >>

せんたく便

■特徴

業界トップクラスのリーズナブル価格が最大の魅力。にもかかわらず、仕上げの方法(たたみ仕上げ・ハンガー仕上げ)の指定OK・再仕上無料等、サービスの良さも持ち合わせている。料金体系もパック制送料込とわかりやすく、はじめての人にも利用しやすい親切さ。保存期間も最長9か月と長く、一度使ったら必ずリピーターになってしまうほど便利で使いやすい宅配クリーニング保管サービス。

■利用者口コミ

  • パック制なので、どんな種類の服でも値段が変わらないのがお得だと思いました。他社だと高いコートやジャケットを大量に出せるのがありがたいです。染み抜きも無料でやってもらえたので、帰ってきたお洋服は新品のようにキレイになっていました。
  • 宅配クリーニングのお店はいろいろありますが、私はせんたく便を愛用しています。9か月も無料で保管してもらえますし、染み抜きや送料まで無料ですから超お得なんです。衣替えの時期にまとめて出せばクローゼットもスッキリして一石二鳥です。
  • 近くにクリーニングのお店はあるけど、重くて運ぶのが面倒なので「せんたく便」の宅配サービスを使っています。口コミ評価が高かったのでここにしましたが正解でした。シミもキレイにしてくれて仕上がりもいいし、送料込みなのも地味に嬉しいです。サービスよし、お値段よしで文句ありません。

せんたく便の口コミ評判はこちら >>

イオン

■特徴

ご存知、あのスーパーのイオンが運営している宅配クリーニング保管サービス。専用バッグはイオンでも購入できるので、お手軽感はナンバーワンかも。素材に合わせた洗浄方法で丁寧に仕上げてくれるので、大切な衣類もお願いしやすいのがポイント。クリーニングした衣類は、湿度・温度管理された専用ルームで保管(最長9か月)されるので、自宅のクローゼットに入れておくより安心です。

■利用者口コミ

  • スーツのクリーニング料金が安いので使っています。営業職で毎日スーツを着るため、クリーニング代が少しでも安いと助かります。また、配達日をWebで簡単に変更できるのも良かったです。急な出張が入った時も、到着日をすぐ変更できるので便利です。
  • 我が家は収納が少ないので、9か月も保管してもらえるところが嬉しいです。かさばる冬物はまとめてクリーニングに出し、次の冬が来るまで預かってもらっています。おかげで部屋がすごく広く使えますし、収納している間に虫に食われる心配もなくなりました。
  • イオンではじめて宅配クリーニング保管のサービスがあることを知りました。家にいながらにして全部やってもらえるので、本当に便利ですね。単身赴任で普段忙しくしている自分にとっては、なくてはならないサービスになっています。

イオンの口コミ評判はこちら >>

カジタク

■特徴

家事の宅配「カジタク」内の宅配クリーニング保管サービス。こちらもイオングループ運営ですから大手ならではの安心感がポイントです。スーツは上下で1点分の料金なのでお得感もあり。さらに、プレミアムバージョンでお願いすれば、白洋舎ローヤルクリーニングによる特別仕様で仕上げてもらえるので、高級ブランド品のクリーニングならこちらがおすすめ。

■利用者口コミ

  • クリーニングの質がいいと思いました。他のお店でお願いした時は消えなかった衣類の嫌なニオイが、ここでお願いしたらスッキリ消えていのには驚きましたね。サイトでどのように衣類が保管されているのか見れたのも良かったです。
  • スーツを上下で1点として扱ってもらえるので、沢山の服をクリーニングできます。宅配クリーニングをはじめて利用したのですが、初心者にもわかりやすいように詳しい説明書きが入っていたので作業しやすかったです。靴も出せるみたいだから、今度はブーツもお願いしたいですね。
  • 毎年春になると家族全員分のコートをクリーニングに出します。店舗に持っていける量じゃないので、家まで取りに来てもらえるサービスは本当にありがたい。10点パックはすごく安い!ってわけじゃないけど、近くのイオンでキットを購入できるのが便利なので、結局カジタクを使っちゃいます。

カジタクの口コミ評判はこちら >>

リナビス

■特徴

「おせっかいなまでのクリーニング」をモットーにしているので、基本プラン内で染み抜きや簡単な修繕、クリーニング相談まで行ってくれる会社です。そのため、お客さんからの信頼は絶大。ただし、手厚いサービスを提供するために、会員数は10,000名までに限定しています。高品質で低価格な宅配クリーニング保管をお探しの方は、早めのお申込みをおすすめします。

■利用者口コミ

  • 戻ってきたコートを確認したら、修理していただいた部分が見違えるほどキレイになっていて大変驚きました。正直、ここまでやっていただけるとは思っていなかったので感激です。手書きのお手紙まで添えていただいて、本当に心温まりました。
  • なんといっても仕上がりがとてもきれい。丁寧に扱っていただいたことがよくわかります。毛玉もきれいに取り去ってあり、子供のヨダレ跡までなくなっていました。家の近くのクリーニング店に出すよりもずっといいです。クリーニング後の服を着る時は、まるで新品の服を着る時のような気持ちよさです。
  • お試しコースでお願いしたところ、すごく良かったので今はリピーターです。衣類のほつれを縫っていただいただけでなく、なくしてしまったボタンまで似たものを探してつけて下さってました。クリーニング店でここまでやってくれるところなんて、リナビスさん以外に知らないです。

リナビスの口コミ評判はこちら >>

ベルメゾン

■特徴

通販で人気のベルメゾンが行う宅配クリーニング保管サービス。普段からお買い物でベルメゾンを使っている、という方なら改めて会員登録する必要もないので使いやすいですね。専用バッグは大型なので、コートやダウンなどの大物も楽々入れられて◎。また、衣類だけでなく布団のクリーニングサービスでも人気。もちろん、こちらも無料保管してもらえます。

■利用者口コミ

  • 毎年ベルメゾンの宅配クリーニングを使っています。冬物コートやダウンなど、かさばる衣類がスッキリ片付くので、保管サービスはいいですね。クリーニングの仕上がりもいつも完璧。丁寧に作業してくれているんだなと思います。
  • ここを利用するようになってから、衣替えがすごく楽になりました。クリーニングに出したり、取りに行ったりって結構面倒くさいんですよね。しかも好きな時まで保管してくれるなんて便利過ぎ。知り合いにもすすめたいです。
  • まだ子供が小さいので、家に取りに来てくれるクリーニングは助かります。それに、今まで使っていた店舗のクリーニングよりもきれいに仕上げてくれるような気がします。プレスの仕方がいいのかな?夫のジャケットもシャキッとします。

ベルメゾンの口コミ評判はこちら >>

リネット保管

■特徴

実店舗をもたず、ネットクリーニングサービスだけで経営しているリネット保管。店舗がない分コストカットできるので、料金設定はリーズナブルです。ファッションブランドも利用する衣類専用保管ルームで衣類を保管してくれるため、デリケートな衣類のケアも◎。なお、プレミアム会員(有料)になると特典も沢山あるので、頻繁に利用するならこちらも要検討。

■利用者口コミ

  • うちは夫婦で共働きしているので、クリーニングも宅配サービスができたのはすごく助かりますね。お店までわざわざ行く必要もなく、手続きはすべて家の中で完結できます。忙しい家庭にはすごくおすすめのサービスです。
  • 子供が多くて服が汚れるので、染み抜きまで無料で行ってもらえるのが嬉しいサービスです。自分で染み抜きをやってみたこともあるのですが、結構大変なわりに全然取れなくて…やはりプロにお願いするのが一番と思いました。

リネット保管の口コミ評判はこちら >>

洗宅倉庫

■特徴

こちらも実店舗をもたないクリーニング屋さんですが、創業45年のクリーニングチェーンの工場と提携しているので、クリーニング技術はしっかりしています。店舗がない分、低価格なところもポイントですね。なお、ゴールド会員(月額302円)になると、クリーニング料金が最大50%オフ・3,240円以上の注文で送料無料になるのでお得感高めです。

■利用者口コミ

  • 夏の間、クリーンングついでに冬物を保管しておいてもらいました。かえってきた衣類の状態も良く、汗ジミもきれいになっていましたよ。対応もいいと感じます。また春になったら、こちらにお願いするつもりでいます。
  • 詰め放題を利用したくてゴールド会員になりました。普段の仕事着などもまとめて出せるようになったので、リズムさえあえば便利ですね。うちは宅配ボックスがあるので、戻ってきた衣類はそこで受け取っています。夜遅くなっても大丈夫なので、店舗で頼むより断然いいです。

洗宅倉庫の口コミ評判はこちら >>

minikuraクリーニング

■特徴

衣類専用のクラウドストレージサービス。最大10点の衣類を半年間クリーニング保管してもらえます。クリーニングは、衣類に優しいドライクリーニングなので水に弱い素材や型崩れが心配なものでも安心です。特徴的なサービスは、マイページから簡単にヤフオクに出品できるところ。撮影や落札後の配送もminikuraスタッフが担当してくれるので、不要になった服を売ってしまいたい時にも重宝します。

■利用者口コミ

  • Webのマイページがすごく使いやすいです。衣類を一つずつ撮影してくれるので、何を預けたか忘れてしまうこともありません。6ヶ月も保管しておいてもらえるので、家の中がさっぱり片付いて快適に暮らせます。また利用したいです。
  • クリーニングが主な目的ですが、ヤフオクに出品できるサービスが気に入っています。自分で写真を撮るのも億劫だったので、撮影から配送までやってくれるのはすごくありがたい。ネット上のやりとりだけでいいので、ものぐさな自分にはピッタリのサービスです。

minikuraクリーニングの口コミ評判はこちら >>

ドレスキーパー

■特徴

空調設備完備の保管ルームが自慢。ルーム内には防虫加工も施されているので、シーズンオフの衣類の長期保管にも最適です。さらに、お客さんの声に応えてサービスを常に見直している姿勢も◎。皮製品や毛皮のクリーニング・修理はもちろん、ハンガーボックスでの配送もオプションメニューで選べるようになりました。料金が送料込みなところもグッドですね。

■利用者口コミ

  • お店の方からハガキを送って下さるなど、サービスがとてもきめ細かいです。仕上がりもとても良くて満足。家に収納が少ししかないので、保管までしておいてもらえるのも助かっています。また利用させていただきます。
  • 他の宅配クリーニングサービスも利用したことがあるのですが、こちらの方が仕上がりが良かったです。お気に入りのカシミアも風合いを損なうことなく、丁寧に仕上げて下さいました。もし可能なら、防虫加工ができたらもっといいなと思います。

ドレスキーパーの口コミ評判はこちら >>

クリラボ

■特徴

リピート率93%のクリーニング保管サービス。一流アパレル会社も使っているプレス機を導入しているので、衣類の仕上がりが格別です。着用した時のシルエットが美しくなる・新品みたいと口コミでも大評判。また、クリーニングは完全個別洗いなので、他のお客さんの衣類と一緒に洗われるのは嫌!という方にも向いています。料金はやや高めですが、サービスの良さにこだわる人にはとてもおすすめ。

■利用者口コミ

  • 我が家は家族の人数が多く、衣類も当然多くなってしまいます。以前はクローゼットから衣類がはみ出している状態でしたが、クリラボさんを利用するようになってからは一部屋分のスペースがスッキリ。仕上がりも良くて不満はないですが、布団も出せるようになるとliっといいですね。
  • 以前、違う会社のクリーニング保管を利用した時、ダウンの羽根が偏った状態でかえってきたため、この手のサービスには不信感がありました。でも今回、クリラボのお試しパックを利用してみたら、すごく仕上がりが良かったのでビックリ。連絡もまめにもらえるので、安心して預けられたのも良かったです。

クリラボの口コミ評判はこちら >>

白洋舎

■特徴

創業は明治39年なので100年以上の歴史あり。実績やノウハウが豊富であることから、洋服や着物のクリーニングの仕上がりが大変上質であることがポイントです。ただし、その分高めの料金設定となっているので普段使いするには少しハードルが高め。お得感は二の次、安心感や仕上がりの良さを追及する方におすすめしたいクリーニング保管サービスの一つです。

■利用者口コミ

  • やっぱり明治から続く老舗だけあって、クリーニングの仕上がりは格別です。ですが、ホームページの作りがちょっと不親切なので料金がわかりずらいのが困りものですね。結局電話で聞いて値段を確認しているので、ここだけ直してくれたらいいと思います。
  • もう何年も白洋舎を愛用しています。ちょっといい洋服なんかは、絶対白洋舎さんにしか預けません。店舗に持っていくことが多いのですが、らくらく宅配便サービスはコートなど冬物を沢山出すときに使っています。欲を言うと、もっと安くなってくれると嬉しいのですが…。

白洋舎の口コミ評判はこちら >>

リアクア

■特徴

リアクアは、全国56店舗、クリーニング師340名、繊維製品品質管理士40名が在籍する衣類メンテナンスのプロ集団です。クリーニングは、一つ一つの仕事を「ていねいに」行うことにこだわり、そのほとんどは人の手作業で行われているのだとか。そのため、仕上がりの良さには定評があり、ユーザー満足度は非常に高め。第一回日本サービス大賞優秀賞を受賞した経歴もあるので信頼度も◎です。

■利用者口コミ

  • 仕事が丁寧で信用できます。コートのボタンが取れやすいので注意して欲しいとお願いし忘れたのにもかかわらず、戻ってきた衣類には注意書きのタグをつけてくれ、適切に扱ってもらったことがわかってホッとしました。
  • ニットやコートをクリーニングに出したのですが、クリーニング前よりもふんわりして着心地が良くなっていて大満足。気持ちよく着られるようになって嬉しいです。対応も丁寧ですし保管もお願いできるので、今後もリアクアを利用したいと思います。

リアクアの口コミ評判はこちら >>

クロークネット

■特徴

衣類を預かっている間、合計で8回も検品を行っているところが特徴的。ここまで徹底して検品してくれる業者は滅多にありません。管理体制がしっかりしているので、戻ってきた衣類が「なんとなく石油臭い」という心配もなし。ニオイに敏感な方も安心して利用できます。また、お客さんの声からできたサービスも続々追加中。シルエットメイク加工やハンガーボックスなどが一例です。

■利用者口コミ

  • 単身赴任中なので、町のクリーニング店よりも格安で保管までしてもらえるのがありがたい。あと、コートについているフードが追加料金にならないところも親切です。衣替えの時期がきたら、またよろしくお願いします。
  • 自分では気づいていなかったシミや汚れまで、スッキリ落としていただきました。大切な衣類も、こちらなら安心して預けることができます。客側の立場に立って誠実に対応をして下さる、信頼できる会社だと思っております。

クロークネットの口コミ評判はこちら >>

イークローゼット

■特徴

「ハイクオリティなクリーニング」を提供することをモットーとしています。素材・縫製・汚れ具合を一つずつ確認し、その衣類に最も適したクリーニング工程を見極め、仕上げていくのが標準仕様。少々手間がかかる分、お値段も高めの設定(スーツ(ツーピース)1,944円、オーバーコート2,332円など)となっています。着物やブランド品の衣類などをクリーニングする時に利用する方が多い印象です。

■利用者口コミ

  • 宅配クリーニング保管ははじめて使いました。自分でお店まで持っていかなくていいので、これは楽ですね。クリーニングから戻ってきた品は、丁寧に梱包されていて好印象。シミ抜きもきちんとしてあり、大変満足の出来でした。
  • 着物って管理が意外と大変なので、クリーニングと保管を一緒に行ってもらえるのがありがたいなと感じています。防虫にも気を配っていただけるので、大切な着物を良い状態で保管してもらえます。お友達にもおすすめしました。

イークローゼットの口コミ評判はこちら >>

クリーニングホワイト急便

■特徴

全国展開しているクリーニング店なので知名度はナンバーワン。宅配クリーニング保管は2015年から開始されたサービスです。保管期間は9か月と長めですし、送料込みのパック制料金なのでお得感は高いですね。もちろん、丁寧な仕上がりで染み抜きも無料ですからサービス内容も◎。一時期は人気がありすぎて注文受付が停止されていましたが、現在は販売再開されています。

■利用者口コミ

  • いつも利用しているクリーニング店だったので、保管サービスがはじまったと聞いて飛びつきました。毛皮は出せないのでファーを取り外してから出さないといけないのが難点ですが、お値段も安いので普段使いには十分です。
  • 保管サービスがはじまって大変重宝しています。うちはマンションなので、収納は少しでも余裕を持ちたいですから。専用バッグに詰めて送るだけなので、手間いらずなところもいいですね。面倒で後回しになりがちなクリーニングをパパッと終わらせられます。

クリーニングホワイト急便の口コミ評判はこちら >>

頼む前にチェック!
クリーニング保管サービスの選び方3つのポイント!

クリーニング保管サービスをしっかり選びたい人向けに、どんなポイントでチェックしていけば良いのかをまとめました。

料金をチェック

保管・シミ抜き・配送は無料?
料金関連をチェックするには、保管・シミ抜き・配送を無料で行ってくれるかも要確認。パック料金は安いけど、保管料やシミ抜き料が1点につき数百円だったので、思っていたよりも高くついてしまった…というケースも。少しでもオトクにしたいなら、この3つは要確認。

品質をチェック

品質=仕上がりに差が出る?
品質にこだわりたくても、業者ごとに仕上がりの良さの工夫がされているため、一見違いがわかりませんよね。ここで注目したいのが、配送時の梱包や配送方法で、実は品質に差が出ること。仕上がりにもっとこだわりたい人は必見です。

サービスをチェック

会員用サービスってオトク?
クリーニング屋さんによっては、有料会員の登録をすることで、料金が割引されたり、サービスの幅が増えることもあります。しかし有料会員にならなくても、それらのサービスを無料で行ってくれるところも。会員限定のサービスと聞くと特別感がありますが、本当にオトクなのでしょうか?

クリーニング保管サービスとは?Q&A

Q1どんな風に保管されるの?

防カビ・防虫・日焼け防止がされている場所で保管

ほとんどのクリーニング屋さんで、害虫・カビ・日焼けから洋服を守るために、温度・湿度の管理がされ、遮光された空間で保管されます。保管時の洋服の状態は、クリーニング屋さんによって、折り畳まれた状態で保管されることも。折り畳みのシワが気になる人は、吊るされた状態の保管ができるかをチェックしましょう。

Q2保管期間はどのくらい?

6ケ月が平均的な保管期間

1年間ずっと保管してくれるところもあるようですが、平均的な保管期間はだいたい6ケ月。保管期間が長いほうが、自分の好きなタイミングで受取がしやすくなります。受け取りの日程指定ができるところもあれば、保管期間が終了した後に、自動的に配送してくれるクリーニング屋さんもあります。受け取りの日時も細かく指定したい人は、問い合わせてみましょう。

Q3サービスのメリット・デメリットは?

最大のメリットは、収納が苦手でも、預けてスッキリできる

クリーニング保管サービスの最大のメリットは、自分で洋服の手入れ・収納をしなくて良くなること。大切な洋服のクリーニングと、保管・管理を同時にできるため、その分余計な手間がかからなくなります。クリーニング保管は、収納が苦手で、衣替えをいつも億劫に感じている人に、特におすすめなサービスなのです。

要チェッククリーニングに出す前のポイント

事前のチェックでトラブルを防ごう!

破れている箇所や糸のほつれ、付属品や壊れているもの、取れかかっているものはないかを要確認!これらを事前にチェックし、クリーニング屋さんに洋服の状態を伝えれば、トラブルを最小限に抑えることができます。特に注意しておきたいポイントをリスト化したので、これからクリーニング屋さんに出す人は、必ずチェックしておきましょう。

【クリーニング保管サービスQ&A】をもっと見る >>

クリーニングの種類とそれぞれの特徴

衣類には実に様々な種類がありますので、それぞれの種類の衣類に適した方法でクリーニングをしないといけません。

誤った方法でクリーニングをしてしまうと、型崩れになったり服が縮んでしまったり、もしくは色落ちしてしまったりなど、様々なトラブルが起きてしまいます。

クリーニング業者は衣類についている洗濯表示のタグをきちんとチェックして、最適なクリーニング方法を選択しますので心配する必要はありません。

なお、クリーニングの方法は全部で4種類あります。それぞれの方法にはどのような特徴があるのかまとめてみました。

1.ドライクリーニング

水を使用せずに有機溶剤を利用するクリーニングです。

このドライクリーニングで使われる有機溶剤は、石油を原料としたものと塩素を原料としたものに分かれています。

一般的には石油を原料としている有機溶剤を利用しているクリーニング業者が多いです。

なお、石油系の有機溶剤を利用してクリーニングする際、洗い終わった後に有機溶剤をフィルターなどに通してキレイにして、また再利用します。そのため、有機溶剤の品質をきちんと管理する必要があるため、不安に思うのであれば、管理体制について質問してみましょう。

曖昧に答えたりせずに詳細な内容を答えてくれるところは、安心して任せることができます。

なお、ドライクリーニングは、油汚れに強く水溶性の汚れに弱いという特徴を持っています。

油汚れがひどければドライクリーニングをお願いしてみましょう。注意することとしては、2016年から洗濯表示がガラリと変わりましたので、どのような表示がドライクリーニングが可能か確認しておくと良いでしょう。

2.ランドリー

ドライクリーニングと違って、水と専用の洗剤を利用するクリーニングです。家庭で洗濯機を使って洗濯をする時は、冷水を使用するのが一般的ですが、クリーニング業者は温水を利用します。

温水にすることによって、より汚れが落とすことができるのです。しかしながら、ただ水温を上げればいいものではありません。

汚れにも様々な種類があり、汚れによっては水温が高いと落ちにくくなってしまうのです。

そこで、クリーニング業者側では、「洗い」の時は水温を高くして、「すすぎ」の時に水温を下げるなど、洗濯する工程によって水温を調整しています。

家庭用の洗濯機では、水温を調整しながら洗濯をすることができないので、業務用の洗濯機ならではのメリットと言えるでしょう。

また、業務用の洗濯機は家庭用の洗濯機と比べてサイズが大きいので、汚れが落ちやすくなります。なお、このクリーニング方法に向いているのはワイシャツです。

ワイシャツをクリーニング業者に出せば、大抵はこの方法でクリーニングされます。

3.ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは、本来であればドライクリーニングすべき衣類を、水を使用して洗濯するという工程を追加したクリーニング方法です。

先述の通りドライクリーニングは、油汚れには強いのですが、水溶性の汚れには弱いです。

水溶性の汚れの代表例として、汗の汚れが挙げられるのですが、ドライクリーニングでは落とすことは難しいです。

そこで、ウェットクリーニングで洗濯をすれば、すっきりと水溶性の汚れを落とすことが可能です。

夏の時期は、汗をかく機会が多いので、ジャケットやスーツに汗が付着しやすいので、ウェットクリーニングをお願いすると良いでしょう。

ウェットクリーニングが可能かどうかは、衣類の洗濯表示にWマークが付いているか確認しましょう。

Wマークがついていて、かつそのマークに「×」が付いていなければ、ウェットクリーニングが可能となります。

なお、ウェットクリーニングは他のクリーニングよりも難しいので、高い技術力を要します。

クリーニング業者にお願いする時は、業者選びは慎重にしましょう。

4.特殊クリーニング

毛皮製品や皮革製品、靴や着物などに利用されるクリーニング方法です。文字通り、特殊なやり方でクリーニングされます。

例えば、着物のクリーニングですが、「丸洗い」「洗い張り」「しみ抜き」という3種類のクリーニング方法があります。

まず「丸洗い」についてですが、着物をバラバラにせずにその形のまま、専用の溶剤を利用して洗います。

この方法によって、仕立てをせずに洗うことができます。

なお、丸洗いで落ちない汚れもありますので、事前に丸洗いで汚れが落ちるかどうか相談すると良いでしょう。

次に「洗い張り」についてですが、この方法では、着物をバラバラに解いて水洗いをします。長い年月が経って汚れが酷いときに適した方法です。

最後に「しみ抜き」についてですが、文字通り着物についたシミを取り除くことを指します。

一般的には、着物の形のまましみ抜きをしますが、洗い張りをする最中にしみ抜きをするケースもあります。

なお、着物をクリーニングしたい時は、専門店がありますので、そこで依頼するようにしましょう。

クリーニングから保管までの流れ

宅配クリーニングの業者へ依頼する時の一般的な流れをご紹介します。

1.依頼

依頼したい宅配クリーニング業者が決まりましたら、クリーニングの依頼をしましょう。

連絡する手段としては、主に電話やサイトの依頼フォームから依頼が可能です。

なお、電話で連絡する時は、受付時間を事前にチェックしておきましょう。

2.集荷

依頼した後に、宅配クリーニング業者指定の配送業者が、集荷のために訪問します。

すぐに渡せるよう、事前に梱包しておきましょう。

なお、宅配クリーニング業者によっては、梱包キットを提供してくれるところもあります。

3.検品

クリーニング工場に到着しましたら、まず衣類の状態をチェックします。しみがあれば、しみ抜きも実施します。

4.クリーニング

「ドライクリーニング」「ランドリー」「ウェットクリーニング」のクリーニング方法のなかで、最適な方法でクリーニングを実施します。

5.乾燥させる

クリーニングが完了しましたら、専用の乾燥機で衣類を乾燥させます。

6.プレス

乾燥させた後、それぞれの衣類に適した機械を利用して、シワを伸ばしていきます。

そして、その後衣類をプレス機でプレスします。

なお、この段階で万が一しみがあれば、しみ抜きをします。

7.最終チェック

衣類に汚れや破損、ボタンのほつれなどがないか、隅々までチェックしていきます。

8.保管

依頼者が希望している日にちまで、衣類を保管します。

クリーニング保管サービスのメリットとは?

個人経営のクリーニング店がしだいに減少していきましたが、それに反比例して宅配クリーニング・保管クリーニングを行う会社が増えてきています。

これは顧客の需要が多くて必要に迫られたという理由と、保管してくれるという大きなメリットがあるために、こうした会社は業界で急成長をとげています。

単純な宅配クリーニングはかなり以前からありましたが、クリーニング後すぐ返送されたので、かさばる冬物などを春先にクリーニングした後では、冬まで収納スペースを無駄に占めてしまいます。

日本の住宅事情において、狭い収納スペースしかない家庭では、誰しも収納に頭を痛めますが、クリーニング保管サービスが始まってからは、こうした苦労を味あわなくても済むようになり、これが業界の急成長にも繋がっているのです。

たとえば、大きくてかさばるふとんなどは自分で運ぶのはかなりの重労働で、クリーニング店まで運ぶこと自体も人目を憚りますし、来るまでもなければ無理でしょう。

宅配クリーニングなら電話一本で宅配業者が取りに来てくれますし、無駄な時間と労力を要しません。しかも、暑い時期には使わないふとんや冬物を、使用する季節が来るまで大切に保管してくれますし、その季節になったら電話だけで宅配して届けられますから、とても便利で重宝します。

最近ではWEB上からすべての依頼を行えるサービスを始めた業者もあり、宅配クリーニング・保管クリーニングは業界の主流となるでしょう。

クリーニング保管には注意点も…

保管サービスを行ってくれる業者によっては、保管枚数や保管する物に制限がかけられている場合があります。自分の希望するクリーニング保管の数が多い場合は、二社以上に分けなければならないこともあり、そうなるとちょっと割高になります。

また、クリーニングができないものや、保管が難しいものなどの理由で、制限がかけられているケースも見られます。また、クリーニングされた状態を届くまで確認出来ないことや、保管中の中身の一部が必要となった場合にそれだけを引き出すことが不可能なこともあり、注意が必要です。

費用や保管期間にも注意を]払いましょう。便利なサービスですが、費用が高額だったり保管期間が短かったりでは、デメリットの方が大きい場合もあります。

事前の業者選びと、その内容の確認は欠かせません。依頼する前にチェックをしたり疑問点を聞いたりしておくようにしましょう。自分に適した業者を選ぶことで、はじめて有効で便利なサービスとなります。

・長期の保管が難しいものがある

業者のWEBにも書かれていることが多いのですが、長期保管が難しいものがあります。例をあげれば、高価な高級素材であるカシミヤ、アンゴラ、シルク、アルパカ、合成皮革、ベロアなどは、それに精通している会社でなければ保管中に素材の状態が変化してしまい、顧客とのトラブルの原因にもなりかねませんから断られるケースもあります。

空調や防虫などの設備が完備している業者の場合は引き受けてくれることもありますので、事前に保管予定品を列挙して可能かどうかを聞いておかなければなりません。

それ以外にも、宅配便の輸送中に型崩れを起こす恐れがあるもの(着物、毛皮、ドレス、帽子など)も断られるケースがありますが、これらは保管にも注意が求められる商品だからです。

また、直接身に付けるもの(水着や下着など)はプライバシーの観点から断られることが多いでしょう。もっと例をあげるなら、すでに破損しているもの、どうしても汚れが落ちないもの、悪臭がひどいもの、ペットなどの動物の毛が大量に付着した洋服なども断られる範疇になります。

引き渡し後の顧客とのトラブルを回避するためと考えられます。クリーニングするものを宅配便で発送する前に、自分で事前にチャックをする必要があります。

・預ける枚数によっては費用が高額に

保管クリーニングの業者によって異なりますが、クリーニングを行い預けられる枚数が決まっている場合や、決まられたボックスに収納できるものという制限などがあります。

規定された範囲に収まれば定額が適応されますので費用が分かり易いのですが、制限を超えた時には倍額以上が請求されることもあります。特に収納スペースを要するふとんなどの大型商品は、枚数が多ければそれなりに高くなると思って良いでしょう。

縦横高さなどで制限がかけられていることもあります。衣類などは規定の宅配ボックスに入るものであれば定額でお得ですから、それに収納できるものだけにしておけば枚数制よりも安く済みます。

保管数や保管期間、業者の保管設備、口コミなどを利用して業者の実績や信用度を調べ、さらに対費用効果を計算して業者を選ぶしかありません。また、保管期間中の事故による損傷への補償があるのかどうかもポイントになります。

費用が安いだけで依頼すると、かえって費用がかさむ状況も考えられますから、自分が依頼する内容と費用、業者の実績などを考慮して、事前に対策を考えておきましょう。制限があるときは、制限内の収まるよう依頼内容を工夫することも大切です。

いつクリーニングするかがポイント!

いつクリーニングに出すかは、素材、汚れ、臭いなどで異なります。もっとも多いのは衣替えの季節に依頼して保管しておくケースで、必要かつ一般的な宅配・保管クリーニングの利用方法でしょう。

しかし、それでは間に合わないことも多くあります。ウール・カシミア・アンゴラなどのニット・セーター・マフラー・帽子のような上質素材は、業者が引き受けてくれるなら縮みを避けるためにも汚れたらクリーニングに出します。皮脂汚れは虫の好物なので、汚れたままの長期間放置は虫食いの原因になります。

最近では洋服などに選択マークが付いていますので、クリーニングに出すべき衣類を確実に見分けられます。自宅で洗濯できないものは選択マークで区別ができますから、これらはクリーニングに出すしかありません。

安価なものを除いて、高価な素材品は汚れたらすぐに出し、衣替えの季節ならそのまま保管するのがベストです。また比較的安価なもので自宅で洗濯できるものでも、衣替え時にはまとめて保管クリーニングに依頼するのが良いでしょう。プロのクリーニング技術は素人には無理ですから、この時期に完璧にクリーニングを行い保管して貰うのがもっとも良い選択だと思います。

業者の話では、1万円以上のブランド品はこまめにクリーニングに出すことが清潔に長持ちさせるコツだと言っています。持ち物ノートなどを作っておき、クリーニングに出すタイミングや保管させる時期をメモしておきましょう。

返却時の対応もチェックしておこう!

保管クリーニングの返却時に関して、ほとんどの場合は問題なく終了しますが、まれにトラブルになることもあります。対応が業者によって異なりますから注意が必要です。

たとえば、礼服や喪服や着物などが急に必要になった場合、一部のものを予定より早く返却してくれるかどうかは業者により違いがあります。一部は不可ですべてが返却される、一部返却に余分な送料や手数料がかかるケースもあります。こうしたことは依頼前にチェックしておくと避けられます。

しかし、返却されたものが破損していたり悪化していたりした場合は避けようがありません。どちらに非があるかの判断も難しいです。

最近ではそうしたクレームを避けるために、業者では届いた宅配便の中身を一点毎に写真で撮影しているところもあります。依頼する側でも宅配便に出す前に写真とメモを取っておき、出す前と返却時の状態を比較できるようにしておきます。

もし問題点があれば、すぐに業者に連絡をして対応していただくことになりますので、事前に対応をチェックしておきましょう。

保管サービスの活用方法

宅配クリーニング業者が提供している保管サービスには、様々な活用例があります。

例を挙げると引越しのケースです。

引越しをするとなると、衣類も梱包することになります。

この時、衣類のなかには、オフシーズンのため、しばらく着用していなくて、クリーニングが必要になるものもあると思います。

しかしながら、クリーニングに出してしまうと、戻ってくるまで待たないといけません。

戻ってくるのを待つのは時間がもったいないです。

しかしながら、宅配クリーニングの保管サービスを利用すれば、クリーニングから戻ってくるのを待たずに引越しができますし、引越し先の住所を返却先として指定すれば、引越し先で衣類を受け取ることができるので便利ですよ。

また、保管できるのはなにも衣類だけではありません。

業者によっては布団を保管してくれるところもあります。

布団は寒い時期に活躍するものです。

そのため、暑い時期には押入れなどに収納しておくのが一般的です。

しかしながら、布団はサイズが大きいので収納スペースを大きくとってしまいます。

家族が多ければ、より大きいスペースが必要です。

この布団が邪魔で他のものが収納できない場合に、保管サービスが役に立ってくれます。

暑い時期に保管サービスを利用すれば、布団が必要になる時まで、空いたスペースに他のものを収納することができるのです。

家族が多い世帯ほど、この保管サービスの便利さを実感することができるでしょう。

ホームクリーニングとは?

ホームクリーニングとは、いわゆる「お家洗い」のことで、普通ならクリーニング店に任せるようなデリケートな衣類をお家で洗濯することを指します。洗濯機の機能が向上し、デリケートな素材に合わせたモードが選べるようになったのに加え、おしゃれ着用の洗剤も高性能化し、ホームクリーニングが可能な環境が整ってきたためお家洗いをする人が増加したのでしょう。

シーズン終わりにコートを何点かクリーニングに出すと1万円以上かかることもありますが、ホームクリーニングなら半額以下の値段で済ませられるというメリットがあります。しかし、ホームクリーニングをしやすい環境が整ったとはいえ、デリケートな素材を自宅で洗濯するのはリスクがつきものです。ホームクリーニングに失敗した衣類は、クリーニング店で修復してもらうことになるほか、最悪の場合着用不能になることもあります。そのため、リスクを理解したうえで、正しい知識を持って行うことが大切になります。

ホームクリーニングで起こりやすいトラブル

ホームクリーニングで起こりやすいトラブルの筆頭にあげられるのが、縮みや色落ちでしょう。水洗いできない素材を洗って縮ませたり、白物と色物を一緒に洗って色移りさせたりするなどは、最も一般的な失敗です。また、部分的に素材が違ったりすると、どのような洗い方をすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。洗い方を確認し、弱い素材に合わせてホームクリーニングするのが賢明です。

またホームクリーニングで起こりやすいトラブルとしては、きちんと汚れが取れにくいこともあげられます。洗濯機に過剰に詰め込む、反対に少なすぎても綺麗にもみ洗いすることは出来ません。綺麗にラウには適量を洗濯機に入れる必要があります。そして、合わない洗剤を使うのも、色移りや色落ちの原因になるため、デリケートな素材にも使える洗剤を選びましょう。ホームクリーニングに使える洗剤は、弱アルカリ洗剤と中性洗剤の2種類に分けられるため、それぞれの素材に適した洗剤を選ぶようにしましょう。

自宅でできる!衣類の正しい取り扱い方

衣類の取り扱い方法は、やり方さえ覚えればそれほど難しくありません。手間はかかりますが、クリーニングに依頼するよりも経済的な負担も軽くなります。慣れるまでは、扱いの簡単な衣服のみをホームクリーニングし、慣れてきたら難易度の高い衣類に挑戦してみるのもよいでしょう。洗濯機よりも、手洗いにすると生地を傷めるリスクも少なくなるので、初心者にはおすすめです。基本的な知識をつけることで、自信をもってホームクリーニングができるようになります。

1.絵表示の意味を正しく理解する

ホームクリーニングを成功させるための第一歩は、絵表示の意味を正しく理解することです。まず、ホームクリーニングが可能な絵表示は、水を張った洗濯桶の絵柄です。水の部分に記されている50や60などの数字は、上限の水温を示しています。洗濯桶に手を入れている絵柄は、40度の水温を限度に手洗い可能という意味です。水を張った洗濯桶に×マークがついているものは、ホームクリーニング禁止を意味します。

また、ホームクリーニングは洗濯だけでなく干すことにも注意を払う必要があるため、干し方の絵柄も覚えておきましょう。真ん中に1本の縦線が入った四角い絵柄は釣り干しを意味し、真ん中に2本の縦線が入った四角い絵柄はぬれ釣り干しを意味します。真ん中に1本の横線が入った四角い絵柄は平干しを意味し、真ん中に2本の横線が入った四角い絵柄は濡れ平干しという意味です。

そのほか、乾燥やアイロンの強度は黒い丸で示され、数が増えるほど強度が上がることを意味します。

2.絵表示通りに洗濯する

ホームクリーニングを成功させるための次のステップとして、絵表示通りに洗濯することがあります。例えば、水を張った洗濯桶に40と書かれた絵柄には3つの種類があり、それぞれ洗い方が異なります。桶の下に何も描かれていない絵柄は、40度以下の水で普通に洗濯機で洗うことがOK、桶の下に1本の横線が入っている絵柄は洗濯機で弱モードで洗うことが推奨され、桶の下に2本の横線が入っている絵柄は微弱モードで洗うことが推奨されます。また、水を張った洗濯桶に手を入れた絵柄は、手洗いもしくは洗濯機の手洗いモードで洗濯することが可能です。ホームクリーニングできる最もデリケートな衣類でなので、より慎重に扱うようにしましょう。

四角の中に円が描かれたものは乾燥器の使用が可能なので、黒丸が1つの場合は低温乾燥、黒丸が2つの場合は高温乾燥を行うことが可能です。四角の中に円が描かれその上に×マークがついている絵柄は、乾燥機禁止となります。表示を無視して乾燥機に入れると、縮みの原因となるので気をつけましょう。

3.ドライマークはクリーニング店に依頼

ホームクリーニングができない絵柄は、円の中にPやF、Wが描かれた絵柄です。これらの絵表示が付いた衣類は、ホームクリーニングはせずにクリーニング店に依頼しましょう。ドライクリーニングの絵表示は、円の中にPが描かれた絵柄はパークロロエチレンや石油系溶剤でのドライクリーニングができる、円の中にFが描かれた絵柄は石油系溶剤でのドライクリーニングが可能、円の中にWが描かれた絵柄はウエットクリーニング処理ができることを示します。

また、円に×マークがついていたり、円の中にWが描かれた上に×マークがついたりする絵柄は、クリーニングやウエットクリーニング禁止を意味しています。クリーニング店に依頼すると、お店が絵表示通りに処理してくれますが、自分でも覚えておく方が良いでしょう。

クリーニングのメリットは、衣類を安心して任せられることもありますが、次のシーズンまで保管してくれるサービスもあるため、嵩張る衣類の置き場に困らないこともあげられます。

4.手洗いと手洗いコースは異なる

ホームクリーニングをするにあたり、手洗いにするか、洗濯機に手洗いコースにするか迷うこともあるでしょう。手洗いコースは、手洗いと同じように優しく洗えると勘違いしている人も多いようですが、2つは全く別物です。手洗いは、衣類の状態を見ながら優しく洗えるのに対し、洗濯機の手洗いコースは機械による外圧がかかるため、優しいと言っても手で洗うのとは比べ物にならないほどの力がかかっています。デリケートな素材やお気に入りの衣類は、手洗いコースで洗うよりも、手洗いすることをおすすめします。

また、手洗いで洗う時は脱水も優しく行うことが大事です。きつく絞るのではなく、タオルなどに包んで水気をとるようにすると、生地を傷めずに脱水できます。洗濯機の脱水機能を使うにしても、規定の時間脱水するのではなく、30秒から1分以内に止めるようにしましょう。乾燥器が使えるものは、しっかりと乾燥させてから使用すると、生地をふんわり仕上げることができます。

大切な衣類はクリーニング店に任せよう!

ホームクリーニングでも、それなりに衣服の洗濯をすることができますが、クリーニング店と比べると仕上がりに差は出ます。専門的な技術もあるので、ホームクリーニングでは処理できないシミや汚れは、クリーニング店に任せるのが良いでしょう。ダウンジャケットなどもふんわり仕上がり、ボリュームを保ったまま次のシーズンに着用できます。また、絶対に失敗できない大切な衣類も、クリーニング店に任せるのが無難です。着ようと思った時にヨレヨレだったり、縮んだりするというリスクを防げます。

ホームクリーニングは、普通の選択よりも手間をかけて行うため、時間がかかるというデメリットがあります。クリーニングは、洗濯にかかる手間や時間を外注して、より便利な生活を送るためのお助けアイテムともいえるでしょう。近年は、コートや布団など、嵩張る衣類を保管してくれるサービスのあるクリーニング店が多いため、置き場に困っている人には便利なシステムです。