おトクにクリーニング
保管サービス
を頼むには
~パックで頼んだほうがいい理由~

クリーニング保管サービスを選ぶ時、料金が気になりますよね。選ぶなら、複数パックメニューで頼んだ方がおトク!なぜなら1点あたりの料金が安くなるからです。ダウンコートを例に見てみましょう。

1点ごとに
頼んだ場合
(ダウンの場合)

2,500

10点パックで
頼んだ場合
(ダウンの場合)

1点当たり900

パックなら、1,600円もおトクに!パックで頼むほかはありません。
そこで10点パックがある、送料・保管料が無料の格安クリーニング保管サービスを厳選!
値段・保管期間などで比べてみました。

値段
(10点パック料金)
7,780 8,980 9,000 9,800 10,000
保管期間 9ケ月 9ケ月 9ケ月 6ケ月 9ケ月
無料ハンガー配送 あり なし 一部あり なし なし
シミ抜き 無料 無料 無料 無料 無料
仕上げ直し 無料 なし なし 無料 なし

頼む前にチェック!クリーニング保管サービスの選び方

クリーニング保管サービスをしっかり選びたい人向けに、どんなポイントでチェックしていけば良いのかをまとめました。

料金をチェック

保管・シミ抜き・配送は無料?
料金関連をチェックするには、保管・シミ抜き・配送を無料で行ってくれるかも要確認。パック料金は安いけど、保管料やシミ抜き料が1点につき数百円だったので、思っていたよりも高くついてしまった…というケースも。少しでもオトクにしたいなら、この3つは要確認。

品質をチェック

品質=仕上がりに差が出る?
品質にこだわりたくても、業者ごとに仕上がりの良さの工夫がされているため、一見違いがわかりませんよね。ここで注目したいのが、配送時の梱包や配送方法で、実は品質に差が出ること。仕上がりにもっとこだわりたい人は必見です。

サービスをチェック

会員用サービスってオトク?
クリーニング屋さんによっては、有料会員の登録をすることで、料金が割引されたり、サービスの幅が増えることもあります。しかし有料会員にならなくても、それらのサービスを無料で行ってくれるところも。会員限定のサービスと聞くと特別感がありますが、本当にオトクなのでしょうか?

クリーニング保管サービスとは?Q&A

Q1どんな風に保管されるの?

防カビ・防虫・日焼け防止がされている場所で保管

ほとんどのクリーニング屋さんで、害虫・カビ・日焼けから洋服を守るために、温度・湿度の管理がされ、遮光された空間で保管されます。保管時の洋服の状態は、クリーニング屋さんによって、折り畳まれた状態で保管されることも。折り畳みのシワが気になる人は、吊るされた状態の保管ができるかをチェックしましょう。

Q2保管期間はどのくらい?

6ケ月が平均的な保管期間

1年間ずっと保管してくれるところもあるようですが、平均的な保管期間はだいたい6ケ月。保管期間が長いほうが、自分の好きなタイミングで受取がしやすくなります。受け取りの日程指定ができるところもあれば、保管期間が終了した後に、自動的に配送してくれるクリーニング屋さんもあります。受け取りの日時も細かく指定したい人は、問い合わせてみましょう。

Q3サービスのメリット・デメリットは?

最大のメリットは、収納が苦手でも、預けてスッキリできる

クリーニング保管サービスの最大のメリットは、自分で洋服の手入れ・収納をしなくて良くなること。大切な洋服のクリーニングと、保管・管理を同時にできるため、その分余計な手間がかからなくなります。クリーニング保管は、収納が苦手で、衣替えをいつも億劫に感じている人に、特におすすめなサービスなのです。

要チェッククリーニングに出す前のポイント

事前のチェックでトラブルを防ごう!

破れている箇所や糸のほつれ、付属品や壊れているもの、取れかかっているものはないかを要確認!これらを事前にチェックし、クリーニング屋さんに洋服の状態を伝えれば、トラブルを最小限に抑えることができます。特に注意しておきたいポイントをリスト化したので、これからクリーニング屋さんに出す人は、必ずチェックしておきましょう。